ごあいさつ

⼼理セラピストを⽬指し始めたきっかけは、悲しいことに⽗の⾃死でした。 

残された家族の喪失の悲しみや怒り、なんとも⾔えない罪悪感と、家族や周りには話せず 共感し合えず、さらに孤独になっていく感覚。喪失による影響は測りしれません。

終わらない苦しみの中、「⾃殺者を減らしたい」という想いから、学びを始めました。そこで、同じ経験をした仲間と出会い、共に癒しのグループワークを受けたり、⼼理学を 学ぶことで孤独感から少しずつ解放されていきました。

 

「感情をないことにしない」私が学んだグリーフケア

「感情をないことにしない」「安全に感情を出せる場所」があることは、死別だけでなくグリーフケアに必須だと実感しました。

 


家族の喪失(グリーフ)に関する経験や病をサポートする経験、機能不全家族の経験など、当事者として経験を持ち⽣きづらさを抱えてきました。

 

当事者として、セラピストとして、共感を持って共にいながら、クライアントさんの⼈⽣に伴⾛させて頂くことが私の願いです。   

⾃分⾃⾝のトラウマ・うつ・不安障害を抱えながら向き合っていく

実⽗の⾃殺、そして出産後の育児不安から⼦どものセラピーを学び始めました。

2年後、FCC&C⾃死遺族専⾨カウンセリング講座受講し、恩師阿部ゆかり先⽣と出会い、⾃⾝の 病的な共依存症と向き合いながら、トラウマ的後遺症(解離症状や発達の特性)、死別の喪失に よるうつや不安障害を克服していきました。

 

その間もFCC&Cで開催される上記の数々の⼼理学講座、神経⽣理学、解剖⽣理学、海外研修参 加やグループ療法などを受け、いまも癒し続けています。


家族の闘病経験で知ったタッチセラピーの素晴らしさ

その後、家族が3年半闘病⽣活に⼊りました。

私⾃⾝がトラウマティックである中での家族のサポートは、病院の医師、看護師、保育⼠、たくさん の医療関係者の⽅々からの助けを得て今に⾄り本当に感謝の思いでいます。

そして、家族療法、タッチセラピーを契約クリニックの恩師である心理セラピストから受け続けました。そのおかげで本⼈のからだが楽になることが実感でき、無事に寛解。

⻄洋医学や院外のセラピストから家族療法やタッチセラピーのサポートを受け、⾷事の改善や環境毒 素のデトックスを取り⼊れ、こころとからだと家族の全体性を持った医療やサポートが必要だと痛感しています。

 


タッチセラピーの有効性やトータルサポートの素晴らしさを多くの⽅に

ホリスティックケアサポートは、私⾃⾝が必要だったことや、癌で闘病されていた⽅のサポ ートの経験を取り⼊れ、

「こころとからだの全体性を持った家族のサポートを受けられる世 の中になってほしい」、そして、より幸せを感じて⽣きていけるように願いを込めて、⽴ち上げました。

 

闘病を⽀える家族のためのメンタルサポートや信頼する第三者の専⾨家がいることで、⽇々 を乗り越えることができ私⾃⾝とても助けられました。⽇本でも道外では取り⼊れられてい ますが、アメリカアリゾナ州のDell⼦ども病院や包括⽀援センターでのサポートは、未来の 希望であり、今の私のこころの⽀えとなっています。


医療従事者や、闘病タッチセラピーの有効性やトータルサポートの素晴らしさを多くの⽅に

今後は最前線で働いている医療従事者の⽅々のサポートも、積極的におこなっていきたいと思います。

そしてトラウマをはじめこころとからだの不調に悩む⽅、⽣きづらさを感じる⽅をトータルでサポートし、伴⾛していきたいと思います。

9年間の看護師の経験と、海外研修で学んだケアをたくさんの⽅に広めていきたいと思います。

鈴木まいこプロフィール

<資格>

  • FCC&C(ファミリーチャイルド&カウンセリング&クリニック)認定⼼理セラピスト
  • ⾃律神経調整トラウマタッチセラピスト
  • ⾃死遺族専⾨カウンセラー児童セラピスト
  • グリーフ専⾨セラピストWAIS4検査者資格あり
  • ボーエンテクニック資格取得ヘルスコーチ
  • 正看護師(元看護師)
  • 海外研修︓2018年アリゾナ解剖研修                         
  • 2019年スティーブ・テレ―ル博⼠による⼦どもの愛着研修
  • (アリゾナ)Dell⼦ども病院視察研修

<所属>

  • 家族と⼦どもセラピスト学会所属
  • ⼤切な⽅を⾃死で亡くした⽅のためのセルフヘルプグループ「ゆかりの会」所属
  • ホリスティック医学協会所属

経歴

現在38歳

10年看護師として勤める。

25歳で結婚し出産後、直後にアルコール依存のある実⽗が⾃殺、育児不安で⼦どものセラピーを学び始める

2年後、FCC&C⾃死遺族専⾨カウンセリング講座受講し恩師阿部ゆかり先⽣と出会う

 

生育歴からくる神経系の影響によりトラウマ的後遺症(解離症状や発達の特性)、死別の喪失によるうつや慢性的な不安を抱えながら、FCC&Cで開催される上記の数々の⼼理学講座、神経⽣理学、解剖⽣理学、海外研修参加やグループ療法などを受け癒し続ける。

その後、約3年半の家族の闘病⽣活(⼊院と⾃宅治療)をサポート。

⻄洋医学や院外の恩師である心理セラピストから家族療法やタッチセラピーのサポートを受け、⾷事の改善や環境毒素のデトックスを取り⼊れ、こころとからだと家族の全体性を持ったホリスティックなケアサポートが必要だと痛感する。

 

2016年〜自助グループゆかりの会、自死遺族カウンセリングボランティア活動

2018年3⽉〜アタッチメント&トラウマケア  Pinkopalにて、⾃死遺族専⾨カウンセリング、タッチセラピーセッション開業

2019年2⽉〜お⺟さんのための⼼理学連続講座in帯広開催

2020年4⽉〜家族と子どものためのこころとからだのケアサポート ホリスティックケアサポート 改名